教員紹介

塾長 清水 詠一

ご挨拶


今はすっかり元気なのですが、むかし病気で倒れたことがありました(半分向こう側に行きかけました)。
その時から、「誠実に生きる」「相手の立場になって考える」を
座右の銘にしてまいりましたが、実践していくことの難しさを日々実感し、
自分の至らなさに反省の毎日です。

誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、
別の人に送ることを「恩送り」と言うのだそうです。
父母や家族そして恩師、かつての上司・同僚・部下たち、
病気になった時の医師や看護師さんだけでなく、私はこれまで多くの方々の支えがあって
生きてこられたと感じています。
お世話になった方々に感謝し、この「恩送り」をしたいと、今の仕事を通して
生徒や保護者の皆さまにお返し出来ることを大変嬉しく思っております。

子供は世界の宝です。この宝ものを健全に育んでいかなければならないと、自分の子育てを振り返り、半世紀を超えて生きてきたこの年齢になって本当に実感するようになりました。

大手学習塾で培った経験を最大限に活かし、ノウハウを伝授することが使命と考えています。
子供や孫に使ってほしい教材・教具・学習法を、常に改良・改善し、進化していけるのが当塾のような個人塾の良いところです。

家内と共に全力でお子様をサポートいたします。

プロフィール

【学問遍歴】

①中学3年生の6月:偏差値38の状態で塾に通い出し、最終的には偏差値71にまでUP!➡この出来事がきっかけで塾講師に憧れる。
②受講していた法学部学科から工学部機械工学科機械材料研究室破壊力学専攻へ理転!
③さらに機械工学部専攻から警視庁科捜研では、電気・電子。情報系に転向!(自然化学・環境化学学環 Ph.D[米国工学博士]取得)

【職業・職務歴】

①大手進学塾名物講師(四谷大塚算数科、中学数学科)にして進学指導責任者となる
②麻布・開成・武蔵、雙葉・桜蔭・女子学院の男女御三家・早慶等の難関中の合格実績有り。【小・中学生対象】
③大・国公立医学部専門の家庭教師として英語・数学・物理を担当。東大・医歯薬系大学に多くの生徒を送り込んだ実績があります。【主に高校生対象】
④警視庁科学捜査研究物理研究員・警察署捜査係長・司法修習生などに化学捜査の理論と実務を教授。【社会人対象】

【実績】

①学校成績「2」を「5」に、偏差値30台の子を50以上に、また偏差値40台の子が早実に合格など豊富な指導経験あり
②当教室で夏前の偏差値を30台から偏差値50台を超える都立高校に合格、さらに偏差値40台でも早稲田実業に合格経験有り。

※塾長自身中3の春に偏差値38でした。最終的にはPh.D[米国工学博士]を取得。こうした経験から「最小の努力で、最大の効果」を上げる勉強法・入試対策の特効薬を伝授。

 プロとして「何をどこまでやれば」ということが判っているので、子供たちには本物の「勉強」と、そして何よりも本物の「勉強法」を伝授します!
 



※小学生から大人まで多くの教務経験があります
    

◎Ph.D[米国博士号](Research on the Improvement of Images by Automation of Image Processing Filter Utilizing Genetic Algorithm;Bureau Electricity of Physics / Forensic Science Laboratory / Metropolitan Police Department)

◎学びの発達アテンダント(大阪大学大学院〔大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合〕小児発達学研究科による公益社団法人「子どもの発達科学研究所」が付与する、子どもに寄り添う「学習発達学・脳科学」専門家の認証資格) 最近取得しました

◎認定CG講師(文科省)、エネルギー管理士・電気主任技術者(経産省)、自衛消防技術者(東京消防庁)、技術管理者(東京都)ほか多数保有。発がん性物質や神経ガスを扱うための資格も持っています。一時は資格マニアになろうかと思ったくらいです。

◎学会賞;ネジ式ロックウェル硬さ試験機の開発と強度推定への利用:日本材料試験技術協会
特殊事件報告・研究報告等アクセプト:日本鑑識科学技術学会ほか